更年期 ―いずれは誰にもやってくる―

知っておきたい、女性のからだ

更年期とは、閉経をはさんだ前後10年間、45~55歳くらいまでの期間を指します。女性ホルモンの分泌が急激に減るため、さまざまな症状が現れてきます。
現在の女性の平均寿命から、閉経後の期間は約30年、すなわち、人生の3分の1以上にあたると考えられます。更年期というターニングポイントを上手に乗り越え、その先の人生をいかに有意義に過ごすかが、女性の一生を考える上でとても重要です。
 
・更年期の始まり
卵巣の機能が衰えて女性ホルモンの分泌が減少すると、まず、月経周期が短くなります。その後、月経周期が伸びるなど、不順になっていきます。これが、更年期の始まりです。更年期を迎える年齢には個人差がありますが、だいたい40歳代の半ばから、早い人は30代後半くらいから始まる場合もあります。
 
・更年期に現れやすい症状
女性ホルモンの分泌が急激に変化するため、からだが適応できず、のぼせ、ほてり、発汗、冷え、肩こり、頭痛、動悸、イライラ、不眠など、さまざまな症状が現れやすくなります。これが、更年期障害です。
ただし、これらの症状は、更年期のすべての女性に現れるわけではありません。更年期の前とほとんど変わらない人、日常生活に支障が出る人など、症状の重さは様々です。もちろん、つらい症状をひたすら我慢する必要はありません。現在では、更年期障害の症状を軽快させる有効な治療法がありますので、一度婦人科で相談してみるとよいでしょう。
 
・更年期に気をつけること
更年期は、更年期障害の症状以外にも、生活習慣病やがんなどの病気が増えてくる年代でもあります。そのため、気になる症状がある場合は、「更年期だから」と放っておかずに、まず受診をしましょう。
 
・更年期障害の治療法
更年期障害の治療は、さまざまな方法がありますが、軽い鬱(うつ)やイライラなら、婦人科でカウンセリングを受けるだけでも、症状が改善するケースがあります。そのほか、ホルモン補充療法や漢方療法、対症療法を組みあわせるなどして、ご自身に合わせた治療を行います。ぜひ、一度婦人科で相談してみてください。
知っておきたい、女性のからだインデックスページへ戻る