女性のからだのしくみ

知っておきたい、女性のからだ

女性の内性器は、卵巣、卵管、子宮、膣から成り立っています。いずれも、女性の「からだ」と「こころ」のバランスを保つのに重要な役割を担っています。
 
・卵巣
卵子の貯蔵庫であり、女性ホルモンの分泌も行います。この中には何万個もの原始卵胞があり、その中から、毎月1つが成長して卵子を排出します。年齢を重ねるにつれ、卵巣内の原始卵胞の数は減少し、閉経後にはほとんどなくなります。そのため、女性ホルモンの分泌も同時になくなります。
 
・卵管
卵子を卵巣から子宮に運びます。ラッパのような形をした卵管采(らんかんさい)が卵巣から排出された卵子をとらえ、卵管に送り込みます。そして、卵管の内側に生えた繊毛(せんもう)が、卵子を子宮まで運びます。卵管采の近くにあるふくらみ(卵管膨大部)は、精子が卵子を待機する場所となっています。
 
・子宮
妊娠したとき、赤ちゃんの発育に合わせ、縦横斜めに何十倍にも伸びることができる筋肉組織です。
内側の子宮内膜は、いわば「受精卵のベッド」で、受精卵の着床に備えて厚くなります。しかし、妊娠しなかった場合は「月経」としてはがれ落ちます。
 
・膣
膣の内側は粘膜に覆われていて、伸縮性に富んでいます。出産のときには、産道となって赤ちゃんが通過します。なお、女性ホルモンの分泌のある年代では、膣内常在菌によって乳酸が作られます。膣内部は常に酸性に保たれており、雑菌などの異物が内性器に容易に入り込めないようにしています(膣の浄化作用)。

女性の生殖器
知っておきたい、女性のからだインデックスページへ戻る