ホルモンの役割

知っておきたい、女性のからだ

女性のからだを形成する上で重要なホルモンは、主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。
 
・卵胞ホルモン(エストロゲン)
卵胞期の卵胞や、黄体期の黄体から分泌されます。女性ホルモンとも呼ばれており、女性らしいからだや、妊娠できるからだをつくるよう働きます。
 
卵胞ホルモンの主な働き
・思春期以降の第二次性徴で、女性らしいからだをつくる
・受精卵が着床し妊娠の状態になるよう、子宮内膜を厚くする
・子宮頸管の粘液量をサラサラにして、精子が通りやすい状態にする
・骨量の維持や、血中の脂肪が増えすぎないようにする
 
・黄体ホルモン(プロゲステロン)
排卵後の黄体から分泌されるホルモンです。妊娠を維持できるように働きます。
 
黄体ホルモンの主な働き
・厚くなった子宮内膜に栄養を与え、受精卵の着床準備を整える
 (妊娠が成立しなかった場合は、分泌が止まる)
・子宮頸管の粘液を濃厚にし、精子や細菌が子宮内に入り込まないようにする
・妊娠したからだでは、妊娠を維持するために働く
知っておきたい、女性のからだインデックスページへ戻る