2003年5月7日のニュース(SPECIAL NEWS)
◇オーキッドエル第2回アンケート結果発表
 
オーキッドクラブではオーキッドエル会員を対象に、2002年11月28日~2002年12月9日までの間、「低用量ピル及び避妊について」のWEBアンケートを実施しました。
メール配信数5190に対し、回答数は933。17.98%の回答率でした。
回答者の年齢構成は、10代1.9%、20代45.6%、30代40.6%、40代11.0%、50代0.8%、60代0.1%となっています。
一部抜粋ではありますが、その結果を報告いたします。
 
 
●35%以上が服用経験あり
 
アンケート回答者のうち、低用量ピルを服用したことがある方は35.4%、服用したことがない方が64.6%でした。
低用量ピルの服用経験がある方に服用目的を尋ねたところ、「避妊」が最も多く、以下「月経痛・月経量・排卵痛の軽減」「月経不順の改善」「月経前症候群の改善」と続きます(図1)。避妊以外でも、月経にまつわる諸症状の改善のため服用されている方が多いことが分かります。

服用の目的は何でしたか?

●「自分で探した初めて行く産婦人科」で入手した方が多い
 
「どこで低用量ピルを入手しましたか」との問いには、「自分で探した初めて行く産婦人科で」43.9%、「これまで通っていたかかりつけの産婦人科で」39.7%、「家族・友人・知人にすすめられた産婦人科で」8.2%、「その他」8.2%という結果になりました。
また、「自分で探した初めて行く産婦人科で」と答えた方の半数以上が、「オーキッドクラブのメンバードクターを受診した」と回答しています。
 
 
●安心の避妊効果とラクな月経が、実感されています
 
服用経験者に「服用してみて感じたことは?」と尋ねたところ、妊娠の不安がなくなりセックスを楽しめるようになった、月経の諸症状が改善された、月経周期が安定しスケジュールがたてやすくなった、という点を挙げた方が多くみられました(図2)。また、「価格が高いと思う」といった声も聞こえてきました。

ピルを服用してみて感じたことは?

● 72%を超える人が「今後必要があればピルを飲んでみたい」
 
一方、低用量ピルを服用したことがない人にその理由を尋ねたところ、最も多かった回答が「特に服用する理由がないから」。「産婦人科を受診しないといけないから」と答えた方も多く、ピル服用のため産婦人科を受診することにためらいを感じる女性が少なくないことがうかがえます。
また、「今後必要があれば低用量ピルを飲んでみたいと思いますか」との質問には、72.3%の方が「飲んでみたい」と答えており、関心の高まりを感じることができました。
 
 
●女性たちは「かかりつけの産婦人科をもちたい」と思っている
 
ピルを服用したことのない方のうち、現在「かかりつけの産婦人科をもっていない」方は約60%(図3)。そのうち、「かかりつけの産婦人科をもちたい」と思っている方は98%にものぼることが分かりました(図4)。

あなたはかかりつけの産婦人科をもっていますか?
かかりつけの産婦人科をもちたいと思いますか?