2003年5月7日のニュース

■オーキッドクラブは、いまこんな活動をしています!

◇都内で婦人科セミナーを開催

「月経痛や月経不順、ピルや避妊など、気になることはいろいろあるけれど、婦人科受診にはためらいを感じている」
「からだのことを何でも相談できるかかりつけの婦人科を持ちたいけれど、婦人科は敷居が高くて・・・」
オンライン外来に寄せられる質問や第2回エルアンケートの結果(※リンク:PC用iPhone用携帯用)から、このようなみなさんの気持ちが伝わってきました。
そこでオーキッドクラブでは、婦人科を少しでも身近に感じてもらおうと、メンバードクターの協力のもと、婦人科のクリニック内でセミナーを実施しました。

女性のからだのしくみや避妊・ピルのこと、婦人科とのつきあい方などを先生からレクチャーいただき、その後、質疑応答、婦人科の院内見学と盛りだくさん。

診療以外では先生を身近にしてお話する機会はなかなか持てないからか、「女性の悩みは話しやすいものではないので、このような会に参加できてよかった」「電話帳やホームページではわからない、先生の人柄にもふれられてよかった」などの感想が寄せられました。

現在、セミナー参加者はエル会員とそのお友達。エル会員は東京近郊に最も多いことから、都内での開催を試験的に行っています。

会場風景1会場風景2


セミナーは役に立ちましたか?
「(大変)役に立った」とお答えの方へ。
▲「役に立った」と回答した方が、92%にものぼっています。その理由として、「ピルに対する理解が深められたから」「女性のからだのしくみについて勉強になったから」「普段気になっていたことがいろいろ聞けたから」が多く挙げられました。

婦人科に対してどんな印象を持ちましたか?
▲半数以上の方が「前よりも身近に感じられるようになった」と答えており、婦人科へのイメージが良く変わった方が大多数でした。また、セミナーへの参加が婦人科を受診しようと思うきっかけにもなっているようです。