婦人科と産婦人科はどう違いますか?

婦人科へ行こう

 産婦人科は、「産科」と「婦人科」に分かれており、「産科」は主に妊娠・出産を扱うところです。一方、「婦人科」は、女性の体の健康チェックやケアの手助けをしてくれるところであり、婦人科系の症状があるときはもちろん、避妊の相談なども気軽にできる場所といえます。最近では、「女性診療科」という名前を掲げる大学病院も出てきています。いずれの場合も、医師は「産婦人科医」なので、ほとんどの場合、産科と婦人科両方の診療が可能です。
 
 なお、産婦人科という看板が出ていて、入院設備もあるところは、妊婦さんがたくさんいる場合が多いです。特に、1人の医師が産科と婦人科を掛け持ちしているところは、妊婦検診で混むことがあります。婦人科の病気で通院が必要な場合や、避妊のためにピルを処方してもらう場合は、婦人科系クリニックの方が通いやすいかもしれません。
婦人科へ行こうインデックスページへ戻る