避妊のポイント ―排卵日―

避妊の基礎知識

精子は卵管を通り、卵管膨大部という場所で排卵された卵子と出会います。通常、精子の寿命は約3日、卵子の寿命は約1日です。したがって、排卵日の3日前~1日後は、特に妊娠する可能性が高い時期といえます。
このことから、以下が避妊のポイントとして挙げられます。
 
避妊のポイント
  1. 排卵させない
  2. 受精卵を着床させない
  3. 精子の進入を防ぐ
  4. 侵入した精子を殺す
  5. 月経の初日から、基礎体温が高温期に移行してから2日経つまではセックスしない
 
「基礎体温で排卵日がわかる」とよく言われますが、実際には体温が低温から高温へ移行した前後3日くらいの間に「排卵があった」とわかるだけです。次の排卵日を前もって知ることはできません。あくまで、基礎体温の記録は自分のからだのリズムを知るためのものです。避妊に対して有効ではありませんので、ご注意ください。
避妊の基礎知識インデックスページへ戻る