バックナンバー Vol.5

ピルの基礎知識

加藤真由さんの場合
 
年齢 22歳
職業 会社員
未婚
初経年齢 13歳
初めて低用量ピルを服用したとき 今年の1月くらいから
 
鬱病を患い、家にひきこもっているような状態が続いて3年。月経前になると調子が悪くなり、過食をしてしまうのです。こんな状況が一生続くのでは、と不安でたまりませんでした。
そんな中、一筋の光を見出すために、病院への受診を決意しました。 



■鬱病を患っていた頃
 
ピルの服用を開始する前、私は3年間くらい鬱病を患っており、1日中家にいるような状態が続いていました。
ちょうど月経前になると決まったように調子が悪くなり、過食になる、さらにそのことが鬱を引き起こす - そんな悪循環を繰り返していました。
このまま一生こういう状態が続くのではないかと思うと、ますます憂鬱な気持ちに陥っていました。
そんな時、母が、雑誌の記事でオーキッドクラブに登場している先生のことを知りました。
母から「受診に行ってみれば?」といわれ、すがるような思いで病院へ足を運びました。
 
 
■ピルを飲むことにすごく抵抗があった
 
初診の際、私の現在の生活状況などを一通りお話しした後、先生から低用量ピルを服用してみたらどうかとすすめられました。
最初はピルを飲むということに、すごく抵抗があって迷いました。
ピルというのは避妊の薬だし、排卵をしないということで、将来もしこどもがほしくなったりしたときに、妊娠しなくなるのではないかと不安に思いました。
しかし、ピルについてきちんと説明してもらい、副作用も少ないということを知り、誤解を解くことができました。また、もしむくみが出たときなどに効く漢方薬も一緒に処方してもらって、服用することを決心しました。
 
 
■服用1ヶ月目、やっぱり効かなかったけど・・・
 
服用してから1ヶ月後、いつもどおり月経前に過食をしてしまいました。
やっぱり効かなかったんだと思って、がっかりしながら病院に行きました。
しかし2、3ヵ月で効果が現れると先生から聞き、半信半疑でしたが、飲みつづけることにしました。
そして、ピルを飲みつづけて2ヶ月目、月経前に必ずしていた過食が、ピタッとなくなったのです。
さらに、過食によっておこっていた鬱がかるくなったのです。
それからはどんどん調子が良くなっていきました。過食も止まり、憂鬱になる時間も減っていきました。
 
 
■今では元気に働いています
 
ピルを飲み始めてから8ヶ月くらいたちます。
今では体重が5キロ減りました。また、副作用やむくみもなく、漢方薬も飲んでいません。
何よりもよかったことは、月経前の過食がなくなり、鬱病のほうもかるくなったということです。
今年の1月には引きこもりがちだったのに、今では元気に働いています。
ピルをすすめてくれた先生に、本当に感謝しています。
私の生活がここまで劇的に変化したのですから。
もしピルを飲もうかなと迷っている人は、勇気を出して飲んでみることをおすすめします。



主治医からのメッセージ
 
彼女が、にこやかに診察室に入ってきたとき、一瞬、わたしは、カルテの名前を間違えて呼んでしまったかと思いました。
それほど、印象ががらっと変わっていました。
 
実は、最初、ほとんど家に引きこもっているという、彼女のあまりにも暗い生活について聞いたとき、ピルが効くという確信はまったくありませんでした。
抗うつ剤もたくさん飲んでいるし、それでも毎日がつらく、希望のもてない日々を送っているという彼女。
自分への自信もすっかり失ってしまっているようでした。
 
わたしが提案できる方法といえば、PMS(月経前症候群)に対して、ピルでホルモン変動を和らげ、体調を少しでも安定させるという方法ぐらい。
それでも、副作用については、まったく心配ないし、もう何年も苦しんでいるのなら、数ヶ月試してみて損はないのでは、とすすめたのです。
彼女は、太るのでは、ということと、むくみを心配していましたが、低用量ピルは太らないこと、むくみには対処できる方法があることを話し、内服することになりました。
 
今、彼女は、別人のようになりました。
すらっとやせて、きれいです。何よりも、表情が明るく、生き生きとしています。最初に来たときより十歳も若く見えるぐらいです。
「ピルをのんで太るどころか、こんなにきれいにやせたなんてね。みんなに知らせてあげたいわ。」
ピルをすすめた私自身も、信じられないぐらいです。
・・・と、やせ薬の宣伝のようになってしまいましたが、私は、彼女には、もともと良くなる素質があったのだと思っています。PMS、過食、うつの悪い循環にはまりこんでいただけで、それを絶ちきる何らかのきっかけが必要だったのでしょう。
ピル内服へ、思いきって一歩踏み出した、そのことが、彼女を良い方へ向かわせたのだと感じています。 
ピルの基礎知識インデックスページへ戻る