ピルはどうすれば手に入りますか?

ピルの基礎知識

まずは婦人科で相談してみましょう。
ピルは、主に婦人科で処方されています。ピルには女性ホルモンが含まれており、女性のからだのリズムに影響する薬です。医師ならば誰でもピルの処方はできますが、女性のからだやホルモンの働きをしっかり理解している産婦人科医に処方してもらう方が、安心できます。また、ピルの処方も兼ねて、定期的に通うかかりつけの婦人科をもつことは、女性のライフサイクルを考える上でも大切です。
 
大がかりな検査は、必要ありません。
ピルを処方するには、問診と血圧測定のみが重要であると、WHOをはじめとする世界の保険機関で確認されています。定期健康診断など、日ごろから健康のチェックがされていれば、ピル処方時の検査は不要です。
しかし、他の健康診断などをまったく受けていないなど、心配な人には、臨床検査、乳房・腹部の検査などを受けることをお勧めします。また、糖尿病患者さんと、その疑いのある人は、定期的に血糖値の検査をしてください。
半年以内に健康診断を受けている人は、事前に病院に連絡し、その結果などを持参するといいでしょう。
ピルの基礎知識インデックスページへ戻る