わたしはピルを服用できますか?

ピルの基礎知識

ほとんどの女性は、問題なくピルを服用できます。ただし、以下の項目にひとつでも当てはまると、医師が判断した場合は、ピルを服用することができません。
 
  • 乳がん、子宮体がん、子宮頸がんの患者さん、および、その疑いがある人
  • 調べても原因のわからない異常性器出血のある人
  • 血栓性静脈炎、肺塞栓症、脳卒中、心筋梗塞、および、これらの病気にかかったことのある人
  • 35歳以上で1日15本以上たばこを吸う人(禁煙をどうしても減らせない場合)
  • 前兆(閃輝暗点、星型閃光など)を伴う片頭痛の患者さん
  • 心臓弁膜症の患者さん
  • 糖尿病性腎症や網膜症を合併した、重度の糖尿病患者さん
  • 先天的な血栓性素因のある人
  • 抗リン脂質抗体症候群の人
  • 手術前4週以内、術後2週以内、産後4週以内、または長期安静状態の患者さん
  • 重度の肝障害、肝に腫瘍のある患者さん
  • 脂質代謝異常の患者さん
  • 中等度(160/100)以上の高血圧のある人
  • 耳硬化症の患者さん
  • 妊娠中に黄疸、持続性のかゆみ、ヘルペスがあらわれたことのある人
  • 妊婦、または妊娠している可能性のある女性
  • 授乳婦(乳汁分泌の抑制や、母乳へ移行する可能性があるといわれています)
  • 骨成長が終了していない可能性のある人
ピルの基礎知識インデックスページへ戻る